ためになる!MRの厳選6サイト

ホーム > MRについて > MRは製薬会社の営業マンに関して

MRは製薬会社の営業マンに関して

MRは、簡単に言えば製薬会社の営業マンのことです。
MRが医師や病院に対して薬の営業を行うことで製薬会社が開発した薬を医療現場で使ってもらうことが出来ます。
最近では、類似した効果がある薬がたくさん開発されていることからMRがきちんとした仕事をしないと製薬会社の売上げはすぐに下降してしまうことになります。
優秀なMRは、製薬会社にとってとても貴重な人材です。
そのため、引き抜きなども頻繁に行われています。
MRという仕事の正式名称は、医薬情報担当者です。
そういった意味では、医薬品の専門家とも言えます。
また、副作用情報を収集して医師に伝えるということも重要な仕事の1つとなっています。
認定試験などもあることから、専門的な医薬品の知識が求められている職業でもあります。


医薬品に対する専門知識はもちろんのこと、安全性や有効性に関しても完璧に理解して回答する必要性があります。
医療の専門家である医師を納得させていくためには医薬品に対しては医師以上の知識が必要になることもあります。
医師はかなり高度な質問なども行うことから、どんな質問が来てもきちんと答えることが出来るということが大事です。
認定試験を受けて合格すればキャリアとしても認められます。
ただ、認定試験に関しては資格ではないので認定試験に合格しなくてもMRとして仕事を行っていくことは出来ます。
医薬品業界がグローバル化していることもあり、医療業界においてとても重要な仕事になっていくと言われています。
外資の製薬会社は待遇が良いという理由から、優秀なMRが流出しているという現状などもあります。


法律の改正によって一切の接待行為が禁止されたこともあり、MRと医師や病院との関係性は大きく変化したとされています。
きちんと法律なども勉強しておかないといつのまにか法律に触れているということもあります。
製薬会社においては、こうしたMRが仕事を行っていくことで製薬会社の業績は大きく変化していくことになります。
製薬会社においても優秀な人材を獲得しておくということは、とても重要な課題となっています。
転職なども盛んな職種ということもあり、転職求人なども豊富にあります。
きちんと結果を出しておけば、より良い条件の会社を渡り歩くということも可能となっています。
そのことがキャリアアップを効率的に行っていくということになります。
男性だけではなく女性も増加しており、全体の1割近くが女性だとされています。

次の記事へ

カテゴリー