ためになる!MRの厳選6サイト

ホーム > MRについて > 製薬会社にMRとして就職するメリット

製薬会社にMRとして就職するメリット

MRはいわゆる営業職であり、患者に対して適切に医薬品が使われていくために自社製品による適正使用推進活動を行っているといわれるのが表向きの活動意義となりますが、要は営業となります。
そして、製薬会社については営利企業となりますから、薬が売れなければ運営していけず、医者に対して自社製品を処方してもらって、調剤薬局に薬を納入してもらわなければ、研究開発費を確保することができません。
したがって、結局のところ、MRの根本に関しては営業であり、売れたもの勝ちの職業となっています。
なお、タフな自信がある方にとってはMRへの就職をおすすめしており、報酬についても高く、自分で戦略を立てながら行動することができる仕事となっていますので、向いている人にはかなり楽しいものでしょう。


また、給与が高く、これを否定している人は少ないでしょう。
そして、薬学部卒業後において選ぶ進路としては、MRに関してはかなり高給取りの部類に属します。
したがって、新卒にてMRになってしまった場合には、金銭感覚がくるってしまうような恐れも想定しなければならないかもしれないでしょう。
しかも、新卒1年目より年収500万円以上も普通にあり得てしまう世界となっています。
つまり、薬剤師=稼げる職業、ではございませんが、MRは稼ぐことができ、確実に高収入を得たい場合にはMRはおすすめであり、特に外資系の製薬企業の場合には成果主義の色が強く出ますから、高い成績を挙げているMRは入社年度などお構いなく、高い報酬を得ることができるでしょう。
したがって、高い給与を得たい、お金を稼ぎたい、といわれる人にとってはMRという進路はかなり良いでしょう。


なお、MRに関しては学歴不問であり、大卒である場合にはだれでもなることができるようになっています。
しかも、これは不思議なことであり、文系学部卒業者であっても、大卒でさえある場合にはMRになることができ、また、MRの学力に関しては、大半の企業については入社後に研修を行った上で、数か月は研修所にかんづめで勉強をさせています。
つまり、医薬品の知識などに関してはまったくない新入社員であっても、毎日のように研修所によって知識をたたきこんだ上で、MR試験に合格することができるレベルまで勉強をさせています。
したがって、どの会社においても、MR試験の合格率を高くしたいですから必死でしょう。
なお、MRは学歴を問われることなく、どのような学部の出身であろうと勤務することができる職業ですが、反対に言えば、薬剤師のようなプロフェッショナルについては重宝されるといえるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー