ためになる!MRの厳選6サイト

ホーム > MRについて > この世の中ではなくてはならない医薬品の情報を提供するMRという職業

この世の中ではなくてはならない医薬品の情報を提供するMRという職業

就職を控えた学生さんたちは、少しでも自分の理想とするような企業に入ろうと、そこで有効と思える資格などを取得することが多いですが、たとえば大学での学業が専門性に特化している場合、その方面への就職も比較的にしやすいというケースもあるのですね。
例をあげれば薬剤師などです。
この資格は薬科大学や薬学部で学んで、国家試験をパスしてやっと取れる資格になります。
就職先も大概は薬関係の仕事ですよね。
でも、現在はこの薬剤師の人材不足が全国的に問題視されていますから、就職や転職はかなり有利だとも言えますね。
薬剤師と言えば、調剤薬局で医師が処方した薬を調剤する人というイメージがありますが、何もここだけが活躍する場所ではありません。
街に点在するドラッグストアや製薬会社、保健所などでも活躍の場はあるのですね。


こうした医薬品関係の仕事で、最近は多くの学生たちに人気の職業があります。
それはMRというものです。
これはいったいどういう職業なのかと言えば、MRとは医薬情報担当者という意味で、これはものすごく簡単に言ってしまえば、医薬品の営業マンという意味がもっとも近いのではないでしょうか。
確かにその役割には、医療関連の現場を訪問して医薬品の品質を始め、有効性、安全性などの情報を提供するものなのですが、多くの場合、MRたちは製薬会社に所属しています。
ですから当然の事ですが、自社製品の売上を伸ばし、販売ノルマを達成する目的はあります。
病院やクリニックの先生たちに自社製品を処方してもらえるように努力しているのですね。
その点は他の営業マンたちと少しも変わりません。
ただし、扱う製品が医薬品であるということです。


薬というものは人が生命活動を営む上では必ず必要になってくるものですよね。
そして、この薬は日々研究開発されています。
そうした新しい医薬品の情報は、多くの医師や薬剤師たちが求めているものです。
ですからMRはそうした医師や薬剤師などに、新しい医薬品の品質や有効性、そして安全性などの情報をリアルタイムに提供する使命があります。
この職業にはあたりまえですが、専門的な知識が求められます。
確かに医薬品の知識という面では薬剤師の資格を持っていれば充分だとも言えますが、しかし、このMRという職業には特別な資格などがありません。
公益財団法人MR認定センターが主催している認定試験というものがありますが、これも認定されなければ仕事をすることができないというわけでもないのですね。
必要なのは常に探究する姿勢だと言えます。

次の記事へ

カテゴリー